本当のおしゃれを考えたら下着に凝りたい

ファッションの一部である下着について

アメリカに来てからと言うものの、日本の下着が簡単に手に入らなくなってしまい悲しい思いをしている時もありました。それ程私は日本の優れた、そしてファッションとしても誇れるようなデザインをした日本の下着が大好きでした。旦那さんもアメリカで私は下着をほとんど購入していないので、気になって聞いてきたこともありました。それでも私は日本の下着が最高にいいといつも言っていました。日本のデパートに行くと様々なブランドが特徴、デザインを宣伝していてどこのブランドにしようか浮き浮きしながら悩んでいる私がいました。

それが今アメリカに来て、もちろん女子に人気のあるブランドも出ていて、もちろん可愛いデザインもあるのですが、優れているものがほんとにないんです。それでも定期的にアメリカブランドの下着も見て回ることもありますが、日本の下着に比べてしまうとファッション性だけを重視しているので、毎日試着したいという気がおきないのです。これは十分に日本の下着で満足してしまっている証拠でしょうね。いつになったら私はアメリカブランドの下着を着けれる日が来るのかと疑問に思ってしまいます。人それぞれに妥協出来ることと、出来ないことがあると思いますが、まさに下着は私にとっては妥協出来ないひとつなのであります。